スポンサードリンク

生理周期

生理周期とは


生理周期とは、生理が始まってから次の生理が来る前日までの日数のことをいいます。

約4週間、28日間を1サイクルとし、この間に女性の体には様々な変化が起こります。

生理周期の長い・短いは人それぞれですが、ストレスや体調などによって左右されやすいものです。

生理周期は卵胞期、黄体期、月経期の3つに分けられます。

また、この周期を作り出しているのは、卵巣から分泌されるエストロゲンとプロゲステロンという2つの女性ホルモンであるとされています。

生理周期

生理周期 女性ホルモン


体内のホルモンは体の状態を一定に保つ働きをしています。

ですが、女性ホルモンは、常に一定量あるというわけではないのです。

その時期に合わせ、必要量だけ分泌しています。

エストロゲンと呼ばれる卵胞ホルモンは女性らしい体つきや、女性としての魅力を引き出すホルモンです。

また美肌にも関係のあるコラーゲンを増やす働きや、カルシウムを維持したり、コレステロールを調整する機能もあります。

もうひとつのプロゲステロンは黄体ホルモンとも言われ、体温を上げる働きや、体に水分を保持したり食欲を増進したりする働きもあり妊娠サポートホルモンとも呼ばれています。

ホルモンの過不足が原因で起こる症状は意外と多いのです。

生理周期

生理周期 卵胞期


卵胞期とは、卵胞が成長する時期です。

女性は生まれながらに卵巣内にもっている原始卵胞が月に一度、卵胞に成長し卵胞ホルモン(エストロゲン)を分泌します。

卵胞ホルモンの働きによって、生理で血液とともに流れ出てしまった子宮内膜を厚くし、妊娠のための準備を再び始めます。

卵胞ホルモンには黄体ホルモン(プロゲステロン)のような体温をわずかに上げる働きはないので、この時期の基礎体温は比較的低温が続き、低温期と呼ばれています。

生理周期

生理周期 黄体期


黄体期とは排卵後に次の生理が始まるまでの期間(約2週間)の事で、分泌期とも呼ばれています。

排卵後の卵胞は黄体となり、黄体ホルモン(プロゲステロン)を分泌します。

この黄体ホルモンの働きによって、子宮内膜は厚く柔らかくなり、受精卵が着床しやすいように準備をします。

この時期の基礎体温は、黄体ホルモンがわずかに体温を上げる作用がありますので、高温期になります。

生理周期

生理周期とダイエット


体に負担をかけない方法でダイエットを行なうには、基礎体温をつけ、自分の生理周期を把握しておくことが大事です。

生理周期によって痩せやすい時期と太りやすい時期が分かれているのです。

生理前の黄体ホルモンの活発化により新陳代謝が衰えるとともに、体調は不安定になってしまいます。

そのせいから黄体ホルモンが活性化する生理前の1週間は、体がむくんだり体調が不安定でダイエットに不向きな時期と言われています。

この時期には無理なダイエットは控え、心身ともにリラックスする気持ちを持つようにしましょう。

一方、生理後の2週間は体内の水分量が減り、脂肪が燃焼しやすい時期といわれています。

ダイエットの効果を期待するのであれば、新陳代謝が活発に行われているこの時期に行うのが良いとされています。

  1 2  次の5件>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。